結膜炎・花粉症

結膜炎とは

結膜の表面に異物(細菌、ウイルス、アレルゲン など)が付着し、そのことによって炎症反応が起きている状態を結膜炎と言います。主な症状としては、結膜の充血、めやに、異物感や目の痛み、かゆみ、流涙などがみられます。一口に結膜炎と言いましてもウイルスや細菌によって発症する感染性結膜疾患(ウイルス性結膜疾患、細菌性結膜疾患)と、アレルゲンが結膜に入ることで炎症を起こすアレルギー性結膜炎があります。

ウイルス性結膜疾患とは

主にウイルスが原因の結膜疾患を総称した呼び名で、代表的なものにはやり目(流行性角結膜炎)、プール熱(咽頭結膜熱)、急性出血性結膜炎があります。

流行性角結膜炎(はやり目)

流行性角結膜炎とは

一般的には、はやり目と呼ばれる流行性角結膜炎は、アデノウイルスに結膜が感染することで起きます。1~2週間の潜伏期を経てから発症し、目の中がゴロゴロするような異物感、目やにや涙が多く出る、まぶたの腫れ、目の充血のほか、耳前リンパ節の腫脹、眼瞼結膜に濾胞といった症状がみられるようになります。両目で見られることが大半ですが、発症初期は片側にしか現れないこともあります。夏の季節によくみられるのも特徴です。また発症後、1週間~10日ほどで多発性角膜上皮下浸潤などが合併症として起きることもあります。治療については、細菌に感染しないように抗菌点眼薬を使用します。なお治癒までには2~3週間程度と言われています。

咽頭結膜熱(プール熱)

咽頭結膜熱とは

流行性角結膜炎と同様にアデノウイルスによるウイルス性結膜疾患です。夏の季節に発症しやすく、プールの水で感染することも多いことからプール熱と一般的には呼ばれています。小児に発症しやすく、一週間ほどの潜伏期間を経た後に発症します。この場合は、発熱で発症した後に結膜炎の症状(目の充血、異物感、目やに など)がみられますが、眼症状だけでなく咽頭炎、頭痛、腹痛、下痢といった症状もみられ、これらが一週間ほど続きます。治療では、細菌の混合感染を防ぐための抗菌点眼薬を使用します。

急性出血性結膜炎

急性出血性結膜炎とは

エンテロウイルスやコクサッキーウイルスによって起こる感染性の結膜炎です。潜伏期間は1日ほどで、その後に目の中のゴロゴロ感、目やに、流涙などが見られるほか、眼球の結膜下に出血が見られるのが特徴です。これは季節に関係なく発症しますので通年性です。治療については、細菌の混合感染を防止するという目的から抗菌点眼薬を用いることもあります。なお症状などについては1週間程度で治まるようになります。

細菌性結膜疾患

細菌によって発症した結膜炎の総称です。主に黄色ブドウ球菌など一般の細菌に感染することで発症する細菌性結膜炎、淋菌が原因の淋菌性結膜炎、クラミジア・トラコマティスが原因のクラミジア結膜炎があります。

細菌性結膜炎

細菌性結膜炎とは

小児や高齢者にかかりやすく、原因菌は発症年齢によって異なります。乳幼児期はインフルエンザ菌、学童期では肺炎球菌が原因になることが多いです。また高齢者の場合はブドウ球菌による感染が多いと言われています。なお、細菌性結膜炎の大半は片側の眼のみ発症していて、膿性の目やにが現れます。そのほかには、まぶたや眼球の結膜の充血、まぶたの腫れ、目の中の異物感があります。ただ、眼痛やかゆみはそれほど現れません。

治療については、抗菌点眼薬を用います。なお原因菌の種類によっては、軟膏や抗菌の内服薬を用いることもあります。多くの場合、約1~2週間で完治するようになります。

淋菌性結膜炎

淋菌性結膜炎とは

淋菌が原因の結膜炎です。これは性感染症のひとつでもある淋病の原因菌でもありますが、成人が感染する場合は、淋菌に感染した方の体液(精液 など)が目に入る、感染者の性器に触れた手で目をこするといったことで感染すると言われています。また、新生児が淋菌感染者である母親の産道を通過する際に淋菌に感染して結膜炎を起こすこともあります(新生児膿漏眼)。主な症状は膿性の目やに、まぶたや白目の充血、まぶたの裏側の腫れなどが見られます。このほか、尿道炎を併発することもあります。

同疾患の治療では、点眼薬(セフェム系)のほか、セフトリアキソンによる点滴静脈注射を行うようにします。

クラミジア結膜炎

クラミジア結膜炎とは

クラミジア・トラコマティスという細菌が原因菌となって発症する結膜炎です。これは性感染症のひとつでもあるクラミジアと同じ原因菌でもあり、成人が感染する場合は感染者の体液(精液 など)が目に入る、感染者の性器に触れた手で目をこするといったことで感染します。また、新生児がクラミジア感染者である母親の産道を通過する際に感染して発症することもあります(新生児封入体結膜炎)。主な症状は、大量の目やに、まぶたの裏側や白目の充血、まぶたの腫れ、結膜に巨大な濾胞が現れるなどします。

同疾患の治療では、点眼薬(ニューキノロン系)や目に塗布する軟膏、テトラサイクリン系やマクロライド系の抗生物質を内服します。

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎

アレルゲン(抗原:アレルギーとなる原因物質)が原因となって発症する結膜炎をアレルギー性結膜炎と言います。アレルゲンは様々ありますが、その中でも最も多い原因がハウスダストと花粉です。ハウスダストとは、家の中にあるほこりのことで、これにはダニやその死骸、糞をはじめ、カビ、人や動物(ペット)のフケや毛なども含まれます。これらは一年中存在し、年間を通して症状が現れるので通年性アレルギー性結膜炎とも呼ばれています。また、花粉症はアレルゲンとなる花粉の飛ぶ季節が限定されるので、季節性アレルギー性結膜炎に分類されます。

通年性アレルギー性結膜炎の主な症状ですが、まず両眼やまぶたにかゆみが出るようになります。かゆみに耐え切れずに掻いてしまうと痛みや目の中に異物感を覚えるなどします。さらに放置が続けば、目の充血、まぶたの腫れなどもみられ、粘液性の目やになどが出るようになります。また同疾患は眼症状だけでなく、鼻炎や気管支ぜんそくといった症状もでることがあります。とにかく症状をひどくさせてしまうと、緩和させる治療にもかなりの時間を要するようになるので、目のかゆみに気づいたらお早めに眼科を受診されるようにしてください。

治療については、主に抗アレルギー点眼薬(抗ヒスタミン薬など)による薬物療法が行われます。またハウスダストが原因の場合は予防対策として、掃除機や空気清浄機をかけて室内を清潔にするなど部屋の中を清潔に保つ、通気性を良くするといったことをしてアレルゲンからできるだけ回避できるようにします。

花粉症

花粉症は、花粉がアレルゲンとなってアレルギー症状を引き起こしている状態を言います。アレルゲンとなる花粉については、スギやヒノキが有名ですが、そのほかシラカバ、カモガヤ、ヨモギ、ブタクサなどが原因となることもありますので、春の季節だけでなく秋の季節に発症することもあります。ただいずれにしても季節限定となりますので、季節性アレルギー性結膜炎とも呼ばれます。ちなみに季節性アレルギー性結膜炎の大半のアレルゲンは花粉です。

主な症状ですが、通年性アレルギー性結膜炎と同様に目のかゆみ、痛み、異物感、充血、涙、まぶたやまぶたの裏側の腫れといった眼症状が出るほか、アレルギー性鼻炎と合併することも多いので、鼻水、鼻づまり、くしゃみが止まらないなどの症状もみられます。また症状がひどくなると、咳、喉や皮膚のかゆみ、頭痛といったものもみられるようになります。

治療については、抗アレルギー点眼薬(抗ヒスタミン薬など)による薬物療法が中心になります。鼻炎の症状が強い場合は、局所ステロイドの点鼻薬を使用します。そのほか、アレルゲンとなる花粉を避ける予防策として、外出時はメガネやマスクを装着する、室内に花粉を持ち込まないといった対策も大切です。

あづみ眼科クリニック

東急世田谷線「世田谷駅」目の前

tel.03-3427-5152

〒154-0017
東京都世田谷区世田谷3-1-25 フローリッシュ世田谷1F

院長 / 安積 祐実

日祝
10:00~13:00
14:30~17:30

休診:木曜・日曜・祝日
※第2火曜午後は東京女子医科大学病院 眼科 緑内障外来のため代診医となります。