眼鏡・コンタクトレンズ処方

眼鏡処方とは

当院では、日常生活に支障をきたすほど視力が低下している方につきまして、眼鏡による処方を行っています。ただ、眼鏡を処方するための視力検査をする前にそもそもの視力低下の原因を調べる必要がありますので、眼疾患の有無の検査も同時に行います。その結果、問題がないと判断された場合に眼鏡を作成するための処方せんを作成いたします。

具体的には、問診、視診、眼圧検査などの一般検査から始め、その次に視力検査を行い、眼鏡の度数を精査していきます。その後、処方せんをお渡ししますので、それをご持参して眼鏡店にて、眼鏡をご購入ください。

コンタクトレンズ処方

コンタクトレンズも眼鏡同様に視力機能が低下して日常生活に支障をきたすようになった場合に用いられる視力を矯正するレンズのひとつです。眼鏡をできる限り使用したくない方やスポーツをする方が装用するケースが多いです。

ただ、同レンズは装用の際にレンズが直接的に角膜(黒目の部分)に接触する仕様となっています。そのため、不適切なレンズの装用など、使用方法を間違えてしまうと角膜にキズをつけたり、酸素が十分に行き渡らなくなるなどして、重大な眼障害を起こすこともあるので、その取り扱いには注意が必要です。

なお、コンタクトレンズは高度管理医療機器でもありますので、装用を希望される方は必ず眼科で診察を受けるようにしてください。眼鏡処方と同様に眼疾患の有無を調べ、さらに同レンズの適性の有無も含めた検査をし、問題がないと判断したらレンズの度数を調べる視力検査をします。その後、処方せんをお渡ししますので、それをご持参して販売店にて、コンタクトレンズをご購入ください。このほか当院では、コンタクトレンズの正しい使用方法の説明、レンズを作成した後は定期検査についてもご案内させていただいております。

レンズの適性に関しては、ドライアイや結膜炎といった眼疾患がある方、目の発育途上にある小学生については、装用することで目に悪影響が出ることが考えらえますので、コンタクトレンズをお勧めしていません。この場合は、眼鏡の使用をお勧めしています。

あづみ眼科クリニック

東急世田谷線「世田谷駅」目の前

tel.03-3427-5152

〒154-0017
東京都世田谷区世田谷3-1-25 フローリッシュ世田谷1F

院長 / 安積 祐実

日祝
10:00~13:00
14:30~17:30

休診:木曜・日曜・祝日
※第2火曜午後は東京女子医科大学病院 眼科 緑内障外来のため代診医となります。