加齢黄斑変性

加齢黄斑変性とは

網膜の中央には、視力をつかさどるとされる黄斑部があり、ここが主に加齢によって変性し、そのことで様々な障害がみられている状態を加齢黄斑変性と言います。同疾患は50歳以上の男性や喫煙者に発症がよく見受けられ、そのほか食生活の乱れ(不規則、偏食・過食)や紫外線を浴び続ける、遺伝といったことなども関係していると言われています。

同疾患は加齢をはじめとする様々な原因があるわけですが、さらに黄斑部の中心には中心窩と呼ばれる視細胞(物を見るのに重要)が集中しています。そのため、ここに障害が起きると視力がかなり低下するようになります。よく見られる症状には、物がゆがんで見える、物を見ようとすると中心の部分がぼやける(中心暗点)、視力低下があります。

滲出型と萎縮型

一口に加齢黄斑変性と言いましても、滲出型と萎縮型の2つのタイプに分類され、治療法や症状もそれぞれ異なります。

滲出型は加齢等の原因によって黄斑に老廃物が蓄積することをきっかけとして、やがて黄斑の脈絡膜(網膜より外側にある、血管が豊富な膜)から網膜に向かって、新生血管(新しくできた血管)が伸びるようになります。新生血管は脆くて破れやすい特徴から、網膜下などに出血や血液の漏れ出しがみられるようになるのですが、これが黄斑で起きると黄斑機能が障害を受け、ものがゆがんで見える、中心部分が欠けるといった見え方がするようになるのです。なお早めに治療を行わないと視力が著しく低下しますので要注意です。

また萎縮型については、老化とともに網膜の細胞と脈絡膜が時間をかけて死滅するタイプです。そのため、黄斑の機能は時間をかけて損なわれるようになります。

治療について

発症の有無は、眼底を調べる(眼底検査)、光干渉断層計によって判断しますが、さらに詳細な検査(蛍光眼底造影 など)によって診断をつけることもあります。

滲出型の加齢黄斑変性と診断されたら、直ちに治療開始となります。具体的には、硝子体注射(抗VEGF療法)あるいは網膜レーザー(網膜光凝固術)となりますが、新生血管が中心窩にある場合は前者、中心窩より離れている場合は後者となります。

抗VEGF療法は、「VEGF阻害薬」(抗VEGF薬)を眼球に注射(硝子体注射)する方法で、これによって新生血管を縮小させる効果が期待できます。注射にかかる時間は1分ほどですが、何度か通院して繰り返し注射を打つ必要があります。

一方の網膜光凝固術は、新生血管をレーザーで焼きつぶすために行う治療法です。そのため照射によって正常な視細胞なども焼き潰すことになるので、新生血管が中心窩より離れている場合に限定されるのです。

萎縮型の加齢黄斑変性の場合は、有効な治療法が現在のところ確立されていません。したがって経過観察となることが多いです。ちなみに萎縮型から滲出型のような状態になるまでには10~20年ほどかかるそうです。

あづみ眼科クリニック

東急世田谷線「世田谷駅」目の前

tel.03-3427-5152

〒154-0017
東京都世田谷区世田谷3-1-25 フローリッシュ世田谷1F

院長 / 安積 祐実

日祝
10:00~13:00
14:30~17:30

休診:木曜・日曜・祝日
※第2火曜午後は東京女子医科大学病院 眼科 緑内障外来のため代診医となります。