緑内障

緑内障とは

緑内障は、視神経(視覚をつかさどる神経のことで、目から入った情報を脳に伝達する)が障害を受けることで、その受けた部分に相応して視野障害が現れている状態を言います。ただ、この視野障害はゆっくりと進行するので自覚しにくく、かなり病状が進行してから気づくというケースも少なくなく、また一度障害を受けたら回復することもありません。そのため放置が続けば、失明することもある怖い病気です(日本で緑内障は中途失明原因の第一位)。なお緑内障の有病率は、40歳以上の方で約5%となっています。そのため、これといった眼症状がなくても40歳を過ぎたら、一度眼科で検査(眼圧検査、眼底検査 など)を受けられることをお勧めします。

なお視神経が損傷を受ける原因のひとつに眼圧の上昇があります。この眼圧とは、眼球にかかる圧力のことで、眼球内を循環している房水(角膜や水晶体をきれいに維持したり、栄養を与えたりする体液)の量によって変わってきます。例えば、フィルターの役割をするとされる線維柱体からシュレム菅の間で目詰まりを起こす(原発開放隅角緑内障、眼圧が正常範囲でも発症する場合(正常眼圧緑内障)もある)、あるいは隅角(房水の出口)が閉塞される(原発閉塞隅角緑内障)といったことで房水の流れが滞ると、眼圧は上昇します。

ただ、日本人の緑内障患者で最も多いタイプは眼圧が正常範囲内(10~21mmHg)にあるにも関わらず、視神経が損傷を受けてしまう正常眼圧緑内障です。この場合は、視神経が生まれついて脆弱であるといったことなどが考えられます。また原発閉塞隅角緑内障については、隅角が急に閉塞することで激しい頭痛、眼痛、吐き気などの症状がみられる急性緑内障発作が起きることもあります。この場合は速やかに眼圧を下げないと失明に至ることもあるので要注意です。

治療について

緑内障と診断されたら、まず眼圧を下げるための点眼薬による薬物療法となります。主に房水の生成を抑える点眼薬か、房水の流出を促進させる効果がある点眼薬が用いられます。

なお点眼だけでは眼圧が下降しない、症状の進行が抑えられないという場合は、レーザー療法として、線維柱体にレーザーを照射して房水を排出させやすくするレーザー線維柱帯形成術か、虹彩(角膜と水晶体の間にある薄い膜)の部分にレーザーを照射してバイパスを作成し、房水を排出させやすくするレーザー虹彩切開術が行われます。

またレーザー療法では改善が困難な進行性の緑内障の場合は手術療法として、線維柱帯の一部を切除して結膜の下にバイパスを作成し、房水を流れやすくすることで眼圧を下げるようにする線維柱帯切除術が行われます。

ACT Packによる緑内障の治療

ACT Packとは、緑内障患者さんの治療継続をサポートするために開発されたプログラムです。
ACT Pack疾患説明動画の視聴、医師からの病状説明、治療計画、眼圧記録カードの作成などを行うことで、患者さんに緑内障の治療をより継続して頂きやすくなります。

当クリニックでは緑内障の手術は行っておりません。診察の結果、手術が必要と医師が判断した患者様につきましては連携している医療機関をご紹介させていただいております。

あづみ眼科クリニック

東急世田谷線「世田谷駅」目の前

tel.03-3427-5152

〒154-0017
東京都世田谷区世田谷3-1-25 フローリッシュ世田谷1F

院長 / 安積 祐実

日祝
10:00~13:00
14:30~17:30

休診:木曜・日曜・祝日
※第2火曜午後は東京女子医科大学病院 眼科 緑内障外来のため代診医となります。