糖尿病網膜症

糖尿病網膜症とは

糖尿病網膜症は、糖尿病に罹患している患者様が発症する病気で、いわゆる合併症です。同疾患は糖尿病三大合併症のひとつにも数えられています。

糖尿病とは、血糖値が慢性的に高い状態にあることを言います。なお血糖値とは血液に含まれるブドウ糖(血糖)の濃度のことです。血糖値は、食事をする、糖分が含まれたジュースを飲むことによって上昇するようになりますが、膵臓で作られているホルモンの一種インスリンが分泌されることで再び元の数値に戻るようになります。ただ、長年の生活の乱れ(偏食・過食、運動不足、喫煙・多量の飲酒 等)などを起因として、インスリンが作用不足を起こしてしまうと糖尿病を発症するようになるのです。

この糖尿病自体が重大な疾患ということはないのですが、発症初期は自覚症状が出にくいという特徴があるので、病状を進行させやすくなります。この間も血管内は常に損傷を受けている状態で、次第に細小血管から異常がみられるようになります。なお網膜は、細小血管がたくさん集まっている箇所でもあるので、障害を受けやすくなります。糖尿病網膜症も発症間もなくは自覚症状が現れにくいので、進行させやすく、やがてこれらの箇所で血管の詰まりや出血が起きるなどすると、もやがかかって見える、飛蚊症、視力低下といった症状がみられ、それでも放置が続けば失明することもあります。なお、糖尿病と診断されたとしても、すぐに併発することはありません。多くは発症してから数年~10年後と言われていますが、糖尿病と診断されたら、これといった眼症状がなくても定型的に眼科で検査を受けるようにしてください。

治療について

糖尿病網膜症が疑われる場合、詳細な検査として、網膜の状態や血管を調べる眼底検査をはじめ、蛍光眼底造影、光干渉断層計などによって診断をつけます。その結果、糖尿病網膜症と診断されたら治療の開始となりますが、進行の度合によってその内容は異なります。

具体的には、初期(単純網膜症)、中期(増殖前網膜症)、後期(増殖網膜症)に分類されますが、単純網膜症では糖尿病治療で行われる血糖値を適正にするコントロールする治療(食事療法や運動療法による生活習慣の改善、経口血糖降下薬やインスリン注射による薬物療法)で充分です。増殖前網膜症と診断されたケースでも血糖コントロールが中心ですが、網膜に血流が途絶えた血管があると新生血管が生じやすくなり、同血管は脆いのですぐに出血するようになります。このような状態にならないため、途絶えた血管をレーザーで焼き固める光凝固療法(レーザー治療)も行うようにします。また、増殖網膜症は糖尿病網膜症の進行期のことで、飛蚊症や視力低下などの自覚症状が現れている状態でもあります。治療としては血糖コントロールのほか、新生血管が発生している状態なので光凝固療法も行います。さらに新生血管が破れて硝子体に大量の出血がみられている場合は、硝子体と出血を吸引し、新たな潅流液を注ぎ込む硝子体手術を行うこともあります。

あづみ眼科クリニック

東急世田谷線「世田谷駅」目の前

tel.03-3427-5152

〒154-0017
東京都世田谷区世田谷3-1-25 フローリッシュ世田谷1F

院長 / 安積 祐実

日祝
10:00~13:00
14:30~17:30

休診:木曜・日曜・祝日
※第2火曜午後は東京女子医科大学病院 眼科 緑内障外来のため代診医となります。